国際結婚夢みるキヨ子物語

私の名はキヨ子。夢はゴリゴリゴリマッチョ且つ秀才との国際結婚。マンガみたいなハプニングが度々起こるスリリング且つ愉快な大冒険をノンフィクションでお届けしたい。

世界中の性病有病率:時間と規模から見た性病統計の比較

STD = sexually transmitted diseases

もし性行為のリスクを問題視しないならば、これだけは覚えてほしい。毎日、世界中の100万人を超える人々が性病に感染しているという事実を。

 

イギリスのSuperdrug Online Doctorが性病有病率の時間と規模の推移を包括的に調べるため、アメリカ疾病管理センターとWHO(世界保健機構)のデータを統合した。

 

f:id:kiyokoooo:20170203182818p:plain

私たちはよくヘルペス、淋病、およびクラミジアなどの言葉を冗談話でよく耳にする。

しかし性病を患っている人はこれが笑い事ではすまされないことをよく知っている。

残りの人生を病気と共に生きていかなければならないかもしれない。

それは恐ろしくもあり、恥ずかしく、また度々私たちを惑わせるだろう。

しかしあなたがその病気にかかっていたとしても、それはあなただけではない。

とスーパードラッグは語った。

 

f:id:kiyokoooo:20170203182840p:plain

ここアメリカで、コロンビア特別区デラウェア州メリーランド州ウェストバージニア州や周辺の州は、新しいSTDの症例発生率が最も高い。

実際、コロンビア特別区の衛生当局の職員は、その地域は西アフリカ国家の中でもほとんどの国に比べ、HIVの感染者が最も多いと話している。

アラバマ州ミシシッピ州ジョージア州のような南の州でも、アメリカのほとんどの地域に比べてSTD率が高い。

 

f:id:kiyokoooo:20170203182907p:plain

大西洋の向こう側、ヨーロッパでは全体的に性病の発生率を比較的に低く保つことができたようだ。

1980年以来、クラミジア、淋菌、および梅毒の割合は低いままである。

ヨーロッパ諸国のうち、アイスランドクラミジアB型肝炎C型肝炎の感染率の上位5位にランクインしている。

 

f:id:kiyokoooo:20170203182928p:plain

 

昨日のキヨ子の記事http://kiyokoooo.hatenablog.com/archive/2017/02/02を読んで、外国人に興味を持った人はいるだろうか。

もしもいたならばこれだけには気をつけてもらいたい。

 

そう、性病。

 

キヨ子の知人(カンボジア在住)は先日ガールズバーに行き、

外国人女性と一夜を共にし、その数週間後、性病検査に連れて行かれたらしい。

 

ちなみにカンボジアの性病検査代は1回500円。

日本でこの検査を受けるには自己負担だと1回1万円弱かかるらしい。

 

カンボジアに来た時は是非やってみたらいいと思う。

 

皆さん気をつけて。

 

キヨ子も性病にだけはなりたくない・・・

 

 

STD Prevalence Across The World: How STD Statistics Compare Across Time And Space

If you consider risky sexual behavior a nonissue, remember this: Over one million people around the world acquire a sexually transmitted disease (STD) every day. Superdrug Online Doctor combined data from the Centers for Disease Control and Prevention (CDC) and the World Health Organization (WHO) to create a comprehensive look at STD prevalence across space and time.

“We often hear the words herpes, gonorrhea, and chlamydia in a comedic context, but anyone who has an STD knows it’s no laughing matter,” Superdrug explained. “It’s something you may have to live with for the rest of your life. It’s scary. It’s embarrassing. It’s often confusing. But if you’re one of those people, you’re not alone. Not even close.”

Here in the United States, the District of Columbia (D.C.), and surrounding states, including Delaware, Maryland, and West Virginia, account for the highest rates of new STD cases. In fact, health officials in D.C. said the area’s HIV rates are even higher than most West African nations. Southern states, such as Alabama, Mississippi, and Georgia, also have higher STD rates compared to most areas of the country.

Across the pond, it appears Europeans have been able to keep overall incidence of STDs relatively low. Since 1980, European rates of chlamydia, gonorrhea, and syphilis have remained stagnant. Out of all European countries, Iceland ranks No. 1 on top five lists for chlamydia, hepatitis B, and hepatitis C infection rates.

 

www.medicaldaily.com