国際結婚夢みるキヨ子物語

私の名はキヨ子。夢はゴリゴリゴリマッチョ且つ秀才との国際結婚。マンガみたいなハプニングが度々起こるスリリング且つ愉快な大冒険をノンフィクションでお届けしたい。

CNN - World leaders react to Trump's travel ban

国際・政治(和訳④)

米トランプ入国禁止大統領令発令

7つのイスラム主流国家の国民がアメリカへの入国することを一時的に禁止したことに対して、これは対立的で非合法、侮辱的でイスラム教徒への差別であると世界のトップや著名人たちがドナルド・トランプ大統領を非難した。

トランプ氏は金曜日、シリア、イラク、イラン、イエメン、リビヤ、ソマリアスーダンの国民が90日間アメリカ国内に入国することを禁止、また、全ての難民の入国を120日間一時停止する大統領令に署名した。その命令は紛争から逃れるシリアの人々の入国も無期限で禁止するものだ。

多くの国がその禁止令を批判している中、ブラックリストに載っていないイスラム主流国家はほとんど沈黙したままだ。難民に対する強硬な政策をとっているオーストラリアはその禁止令を支持する数少ない国の一つだ。

 

入国が禁止された国々


イラク:外務省は禁止令に対し、驚きと遺憾の意を表している。両国がISISとの闘いで勝利を収めようとしているにもかかわらず、この決定が下されたことは「残念なこと」と述べた。
「新しいアメリカ政府はこの間違った決定を見直し、イラクがアメリカと戦略的パートナーシップを強化、発展させていきたいことに賛同し、また、テロ対策や経済分野での進展、両国の利益において協力する見通しを強めていく必要がある。」

 

イエメン:イエメンの副首相やアブデル・マラク・アル・メクラフィ外相は「その禁止令は正当ではなく、テロリストを支援するものであり人々の間に亀裂を生む火種となる。」とツイッターで投稿した。外相はイエメンの国民がテロの危険性があると扱われるのは違法で非合法的だと述べている。

 

イラン:外務省はトランプ氏の入国管理命令に対し、侮辱的で過激派への贈り物?だと述べた。イランは国民の権利を守るため、アメリカがイランに対する侮辱的な制限を解除するまで相互措置を取るつもりだ。

 

スーダン:外務省は「アメリカ在住のスーダン国民は評判が良く、アメリカの法律を尊重しており、過激な犯罪行為には関与していないことで知られている。加えてスーダン国民は古代ナイル文明からの後継者であり、彼らは寛容で平和共存的な特徴を持つ。」と述べた。またスーダン外務省は米国政府に対し、テロの後援国リストからスーダンを排除するよう要請している。

 

ヨーロッパ地域

 

イギリス:外務次官ボリス・ジョンソンはその禁止は対立的で間違っている。と述べ、また一方でロンドン市長のサディック・カーン市長はその動きは非情で恥ずべきものだと述べている。これらのコメントはテリーザ・メイ首相とトランプ大統領が就任後初となる公式会談の二日後に発表された。金曜日、二人が両国の特別な関係を称賛した後、たった数時間後にトランプ氏はその大統領令に署名した。メイ首相は議員らから圧力をかけられた。彼女は結局、イギリス政府はそれには賛同しない考えだが、しかし入国管理はアメリカ政府の問題だと述べた。

 

フランス:外務大臣のジャン・マルク・エローは「難民を迎え入れることは連帯義務である。テロ行為に国籍はなく、差別は何の解決にもならない」とツイッターに投稿した。

ドイツ:「テロとの戦いにおいて重要で決定的なことは人々のある信仰、この場合イスラム主流国がテロの起源であるという一般的な疑いを正当化することではない。」とアンゲル・メルケル首相は述べた。「これらの行動は私の信念に従うと国際的な難民の援助や国際協力の中核となる考えに反する。」

メルケル首相の以前の報道官は首相は土曜日、トランプ大統領にジュネーブ難民条約に基づく義務を説明するため、電話会談を行った。

トルコ:メフメト・シムシェキ副首相は難民を歓迎するとツイッターに投稿した。トランプ大統領のブラックリストに載っていないイスラム教主流国家がこういった声明を出すのは稀である。

 

オーストラリア、カナダ、パキスタン

オーストラリア:全ての国にとって入国する人を管理することは必要不可欠だ。オーストラリアのマルコム・ターンブル首相は、公然とその禁止令に賛同する代表は僅かだけだろうと述べている。ターンブル氏は日曜日、トランプ氏と国境警備の重要性と違法で不規則な移民の脅威について話し合った。

一度限りの合意で、オーストラリアは現在沖合の拘置所で拘束されている100人もの難民をアメリカに移送する予定である。1300人もの人がパプアニューギニアのマヌス島や太平洋諸島のナウル島にあるオーストラリア政府に拘束されている。彼らの中には難民登録されている人も含まれている。

 

カナダ:より身近なカナダのジャスティン・トルドー首相はトランプ大統領の執行命令に明確な言及はせずに、難民の受け入れを擁護する姿勢をとっている。彼は、迫害、テロ、戦争から逃れる人々はカナダが受け入れると述べた。

パキスタンパキスタンイスラム教主流国家だが、トランプ氏のブラックリストには載っていない。しかしニザー・アリ・カーン内務大臣はそれはテロリストには影響を与えないと入国禁止令を非難した。その代わり「テロ犠牲者の苦悩は増すばかり。テロによる一番の被害者はイスラム教徒であり、彼らはこの惨劇に対して最も犠牲を払っている。」と述べた。

 

サウジアラビアサウジアラビア政府は、トランプ氏が名前を挙げた7つの国には入っていない国は公に見解を示していないが、国営航空会社であるサウジアラビア航空は文章を出している。CNNが翻訳したその文章には、「外交ビザを持っている市民や国際機関で勤務している者、有効なビザを持っている市民は例外だが、サウジ航空で旅をすることは認められない。」と書かれている。

また、航空会社はアメリカへの旅行を予程していたができなかった人にもチケット代金は支払う必要はなく、おそらく返金されるだろうと伝えている。

 

イギリスのEU離脱を最も主張していたナイジェル・ファラージ氏はトランプ氏の執行命令に賛同している。「彼は確かに大統領に選出された。また彼はアメリカをISISの脅威から守る為、彼の力でなんでも成し遂げると言って選出された。そのブラックリストには7つの国が載っている。彼にはそれを行う権利があり、国民はそれに投票したのだ。」とBBCに述べている。

ヨーロッパの他の保守派リーダーたちもまた、その禁止命令に賛同している。

オランダの自由党の創設者でリーダーのヘルト・ウィルダースツイッターで「どのイスラム国の移民も必要ない。またオランダはイスラム教徒とは自由は相容れない。」と投稿している。

(CNN)World leaders and prominent figures have blasted US President Donald Trump's temporary ban on citizens from seven Muslim-majority countries from entering the United States as divisive, illegal, insulting and discriminatory.

Trump signed an executive order Friday barring citizens from Syria, Iraq, Iran, Yemen, Libya, Somalia and Sudan from entering the country for 90 days and also suspended the admission of all refugees for 120 days. The order bans entry of those fleeing from war-torn Syria indefinitely.

While many countries have lambasted the ban, Muslim-majority nations not on the blacklist have remained largely silent. Australia, which has implemented hardline policies against refugees, was one of the few nations to voice support for the ban.

Countries on Trump's banned list

Iraq: The Foreign Ministry expressed its "regret and astonishment" over the ban, saying it was "unfortunate" the decision had been made despite the two nations achieving victories in their joint fight against ISIS.

"It is necessary that the new American administration reconsider this wrong decision, and we affirm Iraq's real desire to strengthen and develop the strategic partnership between the two countries and increase the prospects of cooperation in the counter-terrorism field and economic sphere and all (that) serves both countries' interests."

 Yemen: The ban is "not justified" and "supports the terrorists and sows divisions among people," Yemen's Deputy Prime Minister and Foreign Affairs Minister Abdel-Malak al-Mekhlafi posted on Twitter. The Foreign Ministry said that attempts to classify Yemeni citizens as a probable source for terrorism were "illegal and illegitimate."

 Iran: Trump's immigration order is "insulting" and a "gift to extremists," the Foreign Affairs Ministry said. Iran will take "reciprocal measures in order to safeguard the rights of its citizens until the time of the removal of the insulting restrictions of the government of the United States against Iranian nationals."

 Sudan: "The Sudanese citizens living in the United States are known for their good reputation, respect for American laws, and their lack of involvement in radical and criminal acts," the Foreign Affairs Ministry said, adding that the Sudanese people are "heirs to the ancient Nile River civilization, which is marked by tolerance and peaceful coexistence." The ministry called on Washington to remove Sudan from the US list of states that sponsor terrorism.

European allies

Britain: Foreign Secretary Boris Johnson described the ban as "divisive and wrong," while London Mayor Sadiq Khan said the move was "shameful and cruel." Their comments came two days after Prime Minister Theresa May became the first foreign leader to officially meet with Trump. May and Trump had celebrated their countries' "special relationship" Friday, and just hours later the order was signed. May came under pressure from MPs to condemn the ban.
She eventually put out a statement saying her government did "not agree" with it, but said immigration was "a matter for the government of the United States."

France: Foreign Minister Jean-Marc Ayrault said that welcoming refugees was "a duty of solidarity." "Terrorism doesn't have a nationality; discrimination is not an answer," he said on Twitter.

Germany: "The necessary and decisive fight against terrorism in no way justifies a general suspicion against people of certain beliefs, in this case people of the Muslim faith or from a certain origin," Chancellor Angela Merkel said.

"These actions, according to my beliefs, are against the core idea of international aid for refugees and international cooperation."
A spokesman for Merkel earlier said that the Chancellor had called Trump on Saturday to explain to him the United States' obligations under the Geneva Convention on refugees.

Turkey: Refugees are welcome, said Deputy Prime Minister Mehmet Simsek on Twitter, in one of the few statements to emerge from a Muslim-majority country not on Trump's blacklist. 

Australia, Canada, Pakistan
Australia: "It is vital that every nation is able to control who comes across its borders," Prime Minister Malcolm Turnbull said, becoming one of the few leaders to openly show support for the ban.

 Turnbull spoke to Trump on Sunday to discuss "the importance of border security and the threat of illegal and irregular migration."Under a "one-off" agreement, Australia plans to transfer hundreds of refugees currently held in offshore detention centers to the US. Some 1,300 people, including registered refugees, are being held in the Australian government centers on the Pacific Island nation of Nauru and on Papua New Guinea's Manus Island.

Canada: Closer to home, Canadian Prime Minister Justin Trudeau defended the importance of welcoming refugees, without explicitly referring to Trump's executive order. He said that those fleeing persecution, terror and war were welcome in Canada.

Pakistan: Even though it's a Muslim-majority country, Pakistan is not on Trump's blacklist. But Interior Minister Chaudhry Nisar denounced the travel ban, saying it won't affect terrorists. Instead, Nisar said, it will "increase the miseries of victims of terrorism."
"The worst sufferers of terrorism are Muslims, and they have given the most sacrifices against this scourge," he said.

Saudi Arabia: The government of Saudi Arabia, a Muslim-majority country that is not among the seven countries named in Trump's order, has not publicly taken a position but it's national airline, Saudi Airlines, has issued a statement. The statement, which was translated by CNN,said citizens from the seven affected countries "will not be permitted to travel with Saudi Airlines. Citizens with diplomatic visas or who work for international organizations and hold valid visas are an exception."

The airline also said passengers with reservations who weren't able to travel to the U.S. because of the ban won't be charged ticket change fees and may be able to receive a full refund.

Britain's most vocal Brexit figure, Nigel Farage, welcomed Trump's executive order. "He was elected to get tough. He was elected to say he would do everything in his power to protect America from infiltration by ISIS terrorists. There are seven countries on that list. He is entitled to do this. He was voted in on this," Farage told the BBC.

Other far-right leaders in Europe also said they agreed with the ban.

"No more immigration from any Islamic country is exactly what we need," said Dutch far-right Party for Freedom founder and leader Geert Wilders on Twitter. "Also in The Netherlands Islam and freedom are incompatible."

edition.cnn.com