国際結婚夢みるキヨ子物語

私の名はキヨ子。夢はゴリゴリゴリマッチョ且つ秀才との国際結婚。マンガみたいなハプニングが度々起こるスリリング且つ愉快な大冒険をノンフィクションでお届けしたい。

キヨ子、夢ができました。

ニキビが治らない。

 

なぜだ。

 

ニキビとかあんまりできない体質のはずだったのに…

 

たぶんきっと睡眠不足。と食べ物。

 

ニキビに日々ストレスを感じているキヨ子である。

 

あと腹イタ。

 

こちらの原因はクーラーの冷え。

 

 

困ったものだ。

 

 

 

早いものでベトナムに来て一ヶ月が経とうとしている。

 

キヨ子こちらでそれなりにたくさんの人に出会った。

 

自分より長く生きている人の話を聞くのはなかなか面白いので好きだ。

ちなみに最近の趣味はおっさんの人間観察。

今までおっさんと関わる機会がほぼなかったキヨ子にとって、これが意外とおもしろい。

 

歳をとると顔に性格が出るというのは多分おそらく本当なのではないか。

 

と勝手に考えている。

 

 

 

そんなおっさん観察の話は置いといて。

 

 

キヨ子最近夢ができた。

 

 

夢というかただの好奇心というか…

 

将来なりたい職業とかではなく…

 

 

キヨ子マルチリンガルになりたいのだ。

 

だから世界一周は延期。笑

そもそも世界一周するということに魅力を感じなくなった。

 

 

それよりも奴らが話している言葉が気になって気になってしょうがない。

 

というか最近言葉というものにすごく魅力を感じているのだ。

 

 

ということでなんとかしてベトナム語を話せるようになって帰りたい。

 

 

 

言語習得の近道はやはり彼氏彼女を作ることらしいので早くベトナム人の彼氏が欲しい。

 

なのでジムトレーナーをしているらしいゴリゴリと今度出かける約束をした。

 

 

だがしかし、そこに壁が立ちはだかった。

 

そう、さっそく言語の壁が目の前に立ちはだかる。

 

いつ暇?というのを

 

When you ditch?

とか言ってくる。

 

 

は???

 

ditchってなんだ?

 

そもそもいつ暇?という訳が正しいのかどうか…

 

When are you free?とかでいいんじゃないのか?

 

 

 

もう予定を決めることだけで嫌になってくる。

 

 

そこはとりあえず英訳アプリを駆使して予定を決めよう。

 

 

そしてもう一つ言語の問題以上に大きな壁が立ちはだかる。

 

 

奴はバイクを持っていない。

 

困った。

移動手段がない。

 

 

うーーーーーーーーーむ。

 

 

 

運んでくれないかな。笑

 

 

 

まあ、なんとかなるだろう。

 

 

 

頑張れキヨ子。

 

 

 

 

 

 

ベトナム人のムキムキは珍しいから期待大だったのだが…

 

 

 

人生甘くない。