国際結婚夢みるキヨ子物語

私の名はキヨ子。夢はゴリゴリゴリマッチョ且つ秀才との国際結婚。マンガみたいなハプニングが度々起こるスリリング且つ愉快な大冒険をノンフィクションでお届けしたい。

CNN - World leaders react to Trump's travel ban

国際・政治(和訳④)

米トランプ入国禁止大統領令発令

7つのイスラム主流国家の国民がアメリカへの入国することを一時的に禁止したことに対して、これは対立的で非合法、侮辱的でイスラム教徒への差別であると世界のトップや著名人たちがドナルド・トランプ大統領を非難した。

トランプ氏は金曜日、シリア、イラク、イラン、イエメン、リビヤ、ソマリアスーダンの国民が90日間アメリカ国内に入国することを禁止、また、全ての難民の入国を120日間一時停止する大統領令に署名した。その命令は紛争から逃れるシリアの人々の入国も無期限で禁止するものだ。

多くの国がその禁止令を批判している中、ブラックリストに載っていないイスラム主流国家はほとんど沈黙したままだ。難民に対する強硬な政策をとっているオーストラリアはその禁止令を支持する数少ない国の一つだ。

 

入国が禁止された国々


イラク:外務省は禁止令に対し、驚きと遺憾の意を表している。両国がISISとの闘いで勝利を収めようとしているにもかかわらず、この決定が下されたことは「残念なこと」と述べた。
「新しいアメリカ政府はこの間違った決定を見直し、イラクがアメリカと戦略的パートナーシップを強化、発展させていきたいことに賛同し、また、テロ対策や経済分野での進展、両国の利益において協力する見通しを強めていく必要がある。」

 

イエメン:イエメンの副首相やアブデル・マラク・アル・メクラフィ外相は「その禁止令は正当ではなく、テロリストを支援するものであり人々の間に亀裂を生む火種となる。」とツイッターで投稿した。外相はイエメンの国民がテロの危険性があると扱われるのは違法で非合法的だと述べている。

 

イラン:外務省はトランプ氏の入国管理命令に対し、侮辱的で過激派への贈り物?だと述べた。イランは国民の権利を守るため、アメリカがイランに対する侮辱的な制限を解除するまで相互措置を取るつもりだ。

 

スーダン:外務省は「アメリカ在住のスーダン国民は評判が良く、アメリカの法律を尊重しており、過激な犯罪行為には関与していないことで知られている。加えてスーダン国民は古代ナイル文明からの後継者であり、彼らは寛容で平和共存的な特徴を持つ。」と述べた。またスーダン外務省は米国政府に対し、テロの後援国リストからスーダンを排除するよう要請している。

 

ヨーロッパ地域

 

イギリス:外務次官ボリス・ジョンソンはその禁止は対立的で間違っている。と述べ、また一方でロンドン市長のサディック・カーン市長はその動きは非情で恥ずべきものだと述べている。これらのコメントはテリーザ・メイ首相とトランプ大統領が就任後初となる公式会談の二日後に発表された。金曜日、二人が両国の特別な関係を称賛した後、たった数時間後にトランプ氏はその大統領令に署名した。メイ首相は議員らから圧力をかけられた。彼女は結局、イギリス政府はそれには賛同しない考えだが、しかし入国管理はアメリカ政府の問題だと述べた。

 

フランス:外務大臣のジャン・マルク・エローは「難民を迎え入れることは連帯義務である。テロ行為に国籍はなく、差別は何の解決にもならない」とツイッターに投稿した。

ドイツ:「テロとの戦いにおいて重要で決定的なことは人々のある信仰、この場合イスラム主流国がテロの起源であるという一般的な疑いを正当化することではない。」とアンゲル・メルケル首相は述べた。「これらの行動は私の信念に従うと国際的な難民の援助や国際協力の中核となる考えに反する。」

メルケル首相の以前の報道官は首相は土曜日、トランプ大統領にジュネーブ難民条約に基づく義務を説明するため、電話会談を行った。

トルコ:メフメト・シムシェキ副首相は難民を歓迎するとツイッターに投稿した。トランプ大統領のブラックリストに載っていないイスラム教主流国家がこういった声明を出すのは稀である。

 

オーストラリア、カナダ、パキスタン

オーストラリア:全ての国にとって入国する人を管理することは必要不可欠だ。オーストラリアのマルコム・ターンブル首相は、公然とその禁止令に賛同する代表は僅かだけだろうと述べている。ターンブル氏は日曜日、トランプ氏と国境警備の重要性と違法で不規則な移民の脅威について話し合った。

一度限りの合意で、オーストラリアは現在沖合の拘置所で拘束されている100人もの難民をアメリカに移送する予定である。1300人もの人がパプアニューギニアのマヌス島や太平洋諸島のナウル島にあるオーストラリア政府に拘束されている。彼らの中には難民登録されている人も含まれている。

 

カナダ:より身近なカナダのジャスティン・トルドー首相はトランプ大統領の執行命令に明確な言及はせずに、難民の受け入れを擁護する姿勢をとっている。彼は、迫害、テロ、戦争から逃れる人々はカナダが受け入れると述べた。

パキスタンパキスタンイスラム教主流国家だが、トランプ氏のブラックリストには載っていない。しかしニザー・アリ・カーン内務大臣はそれはテロリストには影響を与えないと入国禁止令を非難した。その代わり「テロ犠牲者の苦悩は増すばかり。テロによる一番の被害者はイスラム教徒であり、彼らはこの惨劇に対して最も犠牲を払っている。」と述べた。

 

サウジアラビアサウジアラビア政府は、トランプ氏が名前を挙げた7つの国には入っていない国は公に見解を示していないが、国営航空会社であるサウジアラビア航空は文章を出している。CNNが翻訳したその文章には、「外交ビザを持っている市民や国際機関で勤務している者、有効なビザを持っている市民は例外だが、サウジ航空で旅をすることは認められない。」と書かれている。

また、航空会社はアメリカへの旅行を予程していたができなかった人にもチケット代金は支払う必要はなく、おそらく返金されるだろうと伝えている。

 

イギリスのEU離脱を最も主張していたナイジェル・ファラージ氏はトランプ氏の執行命令に賛同している。「彼は確かに大統領に選出された。また彼はアメリカをISISの脅威から守る為、彼の力でなんでも成し遂げると言って選出された。そのブラックリストには7つの国が載っている。彼にはそれを行う権利があり、国民はそれに投票したのだ。」とBBCに述べている。

ヨーロッパの他の保守派リーダーたちもまた、その禁止命令に賛同している。

オランダの自由党の創設者でリーダーのヘルト・ウィルダースツイッターで「どのイスラム国の移民も必要ない。またオランダはイスラム教徒とは自由は相容れない。」と投稿している。

(CNN)World leaders and prominent figures have blasted US President Donald Trump's temporary ban on citizens from seven Muslim-majority countries from entering the United States as divisive, illegal, insulting and discriminatory.

Trump signed an executive order Friday barring citizens from Syria, Iraq, Iran, Yemen, Libya, Somalia and Sudan from entering the country for 90 days and also suspended the admission of all refugees for 120 days. The order bans entry of those fleeing from war-torn Syria indefinitely.

While many countries have lambasted the ban, Muslim-majority nations not on the blacklist have remained largely silent. Australia, which has implemented hardline policies against refugees, was one of the few nations to voice support for the ban.

Countries on Trump's banned list

Iraq: The Foreign Ministry expressed its "regret and astonishment" over the ban, saying it was "unfortunate" the decision had been made despite the two nations achieving victories in their joint fight against ISIS.

"It is necessary that the new American administration reconsider this wrong decision, and we affirm Iraq's real desire to strengthen and develop the strategic partnership between the two countries and increase the prospects of cooperation in the counter-terrorism field and economic sphere and all (that) serves both countries' interests."

 Yemen: The ban is "not justified" and "supports the terrorists and sows divisions among people," Yemen's Deputy Prime Minister and Foreign Affairs Minister Abdel-Malak al-Mekhlafi posted on Twitter. The Foreign Ministry said that attempts to classify Yemeni citizens as a probable source for terrorism were "illegal and illegitimate."

 Iran: Trump's immigration order is "insulting" and a "gift to extremists," the Foreign Affairs Ministry said. Iran will take "reciprocal measures in order to safeguard the rights of its citizens until the time of the removal of the insulting restrictions of the government of the United States against Iranian nationals."

 Sudan: "The Sudanese citizens living in the United States are known for their good reputation, respect for American laws, and their lack of involvement in radical and criminal acts," the Foreign Affairs Ministry said, adding that the Sudanese people are "heirs to the ancient Nile River civilization, which is marked by tolerance and peaceful coexistence." The ministry called on Washington to remove Sudan from the US list of states that sponsor terrorism.

European allies

Britain: Foreign Secretary Boris Johnson described the ban as "divisive and wrong," while London Mayor Sadiq Khan said the move was "shameful and cruel." Their comments came two days after Prime Minister Theresa May became the first foreign leader to officially meet with Trump. May and Trump had celebrated their countries' "special relationship" Friday, and just hours later the order was signed. May came under pressure from MPs to condemn the ban.
She eventually put out a statement saying her government did "not agree" with it, but said immigration was "a matter for the government of the United States."

France: Foreign Minister Jean-Marc Ayrault said that welcoming refugees was "a duty of solidarity." "Terrorism doesn't have a nationality; discrimination is not an answer," he said on Twitter.

Germany: "The necessary and decisive fight against terrorism in no way justifies a general suspicion against people of certain beliefs, in this case people of the Muslim faith or from a certain origin," Chancellor Angela Merkel said.

"These actions, according to my beliefs, are against the core idea of international aid for refugees and international cooperation."
A spokesman for Merkel earlier said that the Chancellor had called Trump on Saturday to explain to him the United States' obligations under the Geneva Convention on refugees.

Turkey: Refugees are welcome, said Deputy Prime Minister Mehmet Simsek on Twitter, in one of the few statements to emerge from a Muslim-majority country not on Trump's blacklist. 

Australia, Canada, Pakistan
Australia: "It is vital that every nation is able to control who comes across its borders," Prime Minister Malcolm Turnbull said, becoming one of the few leaders to openly show support for the ban.

 Turnbull spoke to Trump on Sunday to discuss "the importance of border security and the threat of illegal and irregular migration."Under a "one-off" agreement, Australia plans to transfer hundreds of refugees currently held in offshore detention centers to the US. Some 1,300 people, including registered refugees, are being held in the Australian government centers on the Pacific Island nation of Nauru and on Papua New Guinea's Manus Island.

Canada: Closer to home, Canadian Prime Minister Justin Trudeau defended the importance of welcoming refugees, without explicitly referring to Trump's executive order. He said that those fleeing persecution, terror and war were welcome in Canada.

Pakistan: Even though it's a Muslim-majority country, Pakistan is not on Trump's blacklist. But Interior Minister Chaudhry Nisar denounced the travel ban, saying it won't affect terrorists. Instead, Nisar said, it will "increase the miseries of victims of terrorism."
"The worst sufferers of terrorism are Muslims, and they have given the most sacrifices against this scourge," he said.

Saudi Arabia: The government of Saudi Arabia, a Muslim-majority country that is not among the seven countries named in Trump's order, has not publicly taken a position but it's national airline, Saudi Airlines, has issued a statement. The statement, which was translated by CNN,said citizens from the seven affected countries "will not be permitted to travel with Saudi Airlines. Citizens with diplomatic visas or who work for international organizations and hold valid visas are an exception."

The airline also said passengers with reservations who weren't able to travel to the U.S. because of the ban won't be charged ticket change fees and may be able to receive a full refund.

Britain's most vocal Brexit figure, Nigel Farage, welcomed Trump's executive order. "He was elected to get tough. He was elected to say he would do everything in his power to protect America from infiltration by ISIS terrorists. There are seven countries on that list. He is entitled to do this. He was voted in on this," Farage told the BBC.

Other far-right leaders in Europe also said they agreed with the ban.

"No more immigration from any Islamic country is exactly what we need," said Dutch far-right Party for Freedom founder and leader Geert Wilders on Twitter. "Also in The Netherlands Islam and freedom are incompatible."

edition.cnn.com

CNN - Trump, Mexican President talk on phone after canceled meeting

国際・政治(和訳②)

 

アメリカメキシコ両大統領の電話会談

今週の金曜日、アメリカのドナルド・トランプ大統領とメキシコのニエト大統領は電話で討論を行った。両者は先日、国境の壁について論争を巻き起こしたばかりだった。

二人の交渉について発表された文章には、それはアメリカとメキシコの関係や違法薬物や武器の売買を引き起こす等の問題を重要視するもので、互いに協力していく姿勢だ。だが、それぞれの陳述には一つ相違点があり、メキシコ側は国境の壁の支払いについては明らかにしていない。

メキシコ側は「国境の壁に関して、両者は明確且つ公的にこの問題の位置付けについて相違があることを認めた」と述べた。また、この論争を公的に発表しないことで合意したと言う。
ホワイトハウス政府が出した声明にも、国境の壁についてほぼ同一の内容が含まれていたが、その問題に関して公言しないという誓約は言及されていない。


ホワイトハウス報道官のショーン・スパイサーは、「トランプ大統領はニエト大統領との電話会談でどのように国境の壁の費用が提供されるかは公にしないことで同意し、今後内密に議論していく方針だ」と述べた。なぜホワイトハウスの文章にその情報が含まれていないのかという質問に対しスパイサー氏は、ニエト大統領がなぜそのことを考えたくないのか尋ねてみてください。と語った。

金曜日に行われたホワイトハウスでの記者会見中、トランプ氏は壁については触れなかった。
一週間後、ホワイトハウスで壁の建設計画を進めた後に開かれる予定だったトランプ氏とニエト氏の会談は一度メキシコ側が取りやめたが、今後開催される。しかしトランプ氏はツイッター上で、会談はメキシコが建設費用の準備をできなければ会談は進まないだろうとツイートした。
ホワイトハウスでのイギリス大統領テレサ・メイとの記者会見ではトランプ氏はニエト大統領との電話会談が非常に友好的だったということ、またそれに加え、トランプ氏はアメリカや隣国との貿易に厳しい姿勢を維持していく主張したことについて尋ねられると、

「メキシコとは過去、交渉が難航し打ちのめされることもあり、彼らはアメリカの顔を潰した。柔く脆い国境を強化し、アメリカの雇用が外に流れるのを防ぐため取り組み、もはや何をしているかわからない国になることはない」とトランプ大統領は答えた。


今週の木曜日、二エト大統領とトランプ大統領の関係は険悪だった。
「今朝、私は来週の火曜日に予定している米大統領との会談に出席しない旨を我々はホワイトハウスに伝えた。」とペニャ・ニエト大統領がツイッターに投稿した。

トランプ氏は二エト大統領が中止の意を表明する前に、メキシコが壁の建設費用を支払いたくない場合は、今度の会談を中止にした方が良いだろうとツイートしている。
ホワイトハウス報道官ショーン・スパイサーは木曜日、壁の資金提供の打開策としてメキシコからの輸入品には20%の課税を設けることを支持しており、約12億〜15億の費用がかかると推測される。ただ、それは検討案の中の一つに過ぎない。国会議事堂の共和党員の中では、アメリカの消費者に税金が引き渡される恐れがあると議論を呼んでいる。

 

Washington (CNN)President Donald Trump and Mexican President Enrique Peña Nieto spoke on the phone Friday after a blowup the day before between the two leaders over the proposed border wall.

Both Trump's and Peña Nieto's offices released readouts of the call, saying the two leaders spoke about the importance of their relationship and issues -- such as stemming the sale of illegal drugs and arms -- that they could work on together. But the respective statements differed on one key point: a promise, per the Mexican side, to not speak publicly about who would pay for the wall.

"With regard to the payment of the border wall, both Presidents acknowledged their clear and very public differences in position on this sensitive issue," the Mexican statement said. "The Presidents also agreed at this point not to speak publicly about this controversial issue."

The White House statement included near identical language on the border wall, but didn't mention a pledge not to speak publicly about the issue.

White House Press Secretary Sean Spicer told reporters later Trump did agree to not publicly talk about how the border wall will be funded during the call with Peña Nieto.
"They agreed not to discuss how it will be paid for publicly, that they will continue to have those discussion privately," Spicer said.

When asked why that information was not in the White House statement, Spicer said: "Ask the (Mexican) President why he wanted to put it out."
During a news conference at the White House on Friday, Trump did not mention building the wall.

The Trump-Peña Nieto discussion comes after the Mexican president canceled a meeting with Trump that had been set for next week after the White House moved forward with plans to build a wall along the US-Mexico border and Trump tweeted that the meeting shouldn't go ahead if Mexico wasn't prepared to pay for its construction.

At White House news conference with British Prime Minister Theresa May, Trump was asked about the call and described a "very, very friendly" conversation with Peña Nieto, at the same time insisting he would maintain a tough stance on trade with the US neighbor.

"Mexico ... has out-negotiated us and beat us to a pulp through our past leaders," Trump said. "They have made us look foolish."
The President said he would work to bolster a "soft and weak" border and prevent American jobs from moving across the border.
"We're no longer going to be the country that doesn't know what it's doing," Trump said.

Thursday was a low point in the relationship between the two leaders.
"This morning we have informed the White House that I will not attend the meeting scheduled for next Tuesday with the POTUS," Peña Nieto tweeted Thursday.

"If Mexico is unwilling to pay for the badly needed wall, then it would be better to cancel the upcoming meeting," Trump tweeted before the meeting was canceled.
White House press secretary Sean Spicer endorsed the idea of a 20% border tax on goods from Mexico on Thursday as a way to fund the wall, estimated to cost $12-$15 billion. But he later said that was only one of many options under consideration. It is controversial among Republicans on Capitol Hill, with critics saying the tax would be passed on to consumers in the United States.

 

edition.cnn.com

CNN - Genocide in Cambodia

国際(和訳①)

CNN - Genocide in Cambodia

 

カンボジアの中心文章によると、カンボジアの首都プノンペンでは1975年から1979年の間にクメールルージュと呼ばれる反政府組織が死刑、病気、飢餓、過労のためカンボジアの人口4分の1、少なくとも170万人が死亡したとされている。

毛沢東主義政権過激派の4人の元指導者らは人道に反する戦争や犯罪に米国裁判所がどのように判決を下すのかを見守っていた。

プノンペンにある尋問刑務所の所長だったカン・ケク・イウ(別名:ドッチ)は人道に反する罪で起訴された。彼は戦争犯罪の罪で有罪判決を受け、35年間の懲役判決を受けた。しかしその判決を受けたにも関わらず、実際は19年の服役に過ぎなかった。5年間の減刑は米国の裁判所が設立される以前、ドッチが不当に拘束されたため、残りの11年間は既に刑務所の中で服役したためだ。

政権崩壊後30年以上経過した後、この判決が下された。

 

1970年:「マーシャル・ロン・ノル」クーデター

ノロドム・シアヌーク王子がその座を奪われる。シヌアークはクメールルージュと共に田舎に毛沢東主義グループを設立する。

1975年4月17日:クメールルージュはプノンペンを獲得、完全に国を奪還。プノンペンの住民は首都からの退去を余儀なくされ、農村部に向かった。その数約200万人にも及ぶ。

1977後半:ベトナムカンボジアの戦争が勃発。

1978年5月25日:クメールルージュが東地域を粛清する。

1979年1月7日:ベトナム軍がプノンペンに侵攻。11年間に及ぶ植民地支配の始まり。クメールルージュは西に移動。この日をクメールルージュからの解放記念日と祝う人もいれば、中にはベトナム人支配の始まりと呼ぶ人もいる。

1979年:プノンペンでの虐殺の裁判でポル・ポトやイエン・サリの有罪が確定した。裁判所に現れることもなければ、文章を公表することもなかった。

1982年:三党連立政権は中国に亡命したシヌアーク王子とクメールルージュ、無所属のソン・サンから成る。ベトナムヘン・サムリン率いる新しい政府を設立するための支援を開始。

1990年:ベトナムカンボジアから撤退。

1991年10月23日:フランスとの平和交渉。カンボジア、フランス間の平和協定締結。両者は国連カンボジア暫定統治機構の監督の下、国政選挙を行うことを承認。クメールルージュは世論調査をボイコットし、また軍隊を解散しようとはしなかった。

1993年5月23日-28日:国政選挙が開かれる。王の息子の一人、ノロドム・ラナリットが当選したが、人々はそれと同等の権力を求めた。カンボジア人民党のフン・センとラナリットが共同首相に任命される。クメールルージュの軍はゲリラ戦を続行。

1996年:ノロドム・ラナリット王は1979年から服役している最高幹部イエン・サリの放免を容認する。

1997年:クメールルージュはポル・ポトが1979年以降の政権下で犯したとされる虐殺について裁判を開始。カンボジア国連にクメールルージュの生き残ったリーダーを起訴するため、新しい法廷を作るよう要請。

1998年:ポル・ポト死去。カンボジア内戦の終結。

2001年:国民議会でクメールルージュ政権下で犯された重大な犯罪を裁くための法律作成を可能に。 

2003年:国際社会がどのようにカンボジア特別法廷を支援し、また参加するのかを国連と締結した合意。協定は2004年に改定された。

2007年11月20日:S-21刑務所の所長を務めていたドッチの拘留に対する控訴で初の公聴会が開かれた。(S-21:約14,000人が処刑された刑務所)

2010年7月26日:カンボジア特別法廷はドッチに35年の禁固刑を言い渡した。

2012年2月:検察側が上訴、上訴審で一審の禁固35年の判決が破棄され最高刑の終身刑判決を受けた。

 

Four of the ultra-Maoist regime's former leaders are waiting to see if they will stand trial before a U.N.-backed tribunal for war crimes and crimes against humanity.

Kaing Guek Eav, alias Duch, the head of the infamous torture prison in the country's capital of Phnom Penh, has stood trial on charges including crimes against humanity.


He was convicted of war crimes and sentenced to 35 years in prison. Despite the sentence, Kaing Guek Eav, alias Duch, will serve no more than 19 years. The judge took off five years for the time Duch was illegally detained before the United Nations-backed tribunal was established, and another 11 years for the time he has already served behind bars.
The verdict came more than 30 years after the fall of the regime.

 

 

1970: Marshal Lon Nol stages a coup, forcing Prince Norodom Sihanouk out of power. Sihanouk is aligned with the Khmer Rouge, an ultra-Maoist group building up a following in the countryside
April 17, 1975: The Khmer Rouge seize Phnom Penh, completing their taking over of the country. The city's inhabitants are forced to leave the capital, heading out to rural areas. Some 2 million people are forced out of Cambodia's urban centers
Late 1977: Fighting breaks out between Vietnam and Cambodia
May 25, 1978: Khmer Rouge purges East Zone.
January 7, 1979: The Vietnamese take Phnom Penh, beginning 11 years of Vietnamese occupation. The Khmer Rouge move west. Some Cambodians celebrate January 7 as a liberation day from the Khmer Rouge, while others mark it as the start of Vietnamese occupation

1979: A genocide tribunal in Phnom Penh finds Pol Pot and Ieng Sary guilty of genocide. Neither appeared in court or served any sentence
1982: Triparty coalition government forms, consisting of Prince Sihanouk, who was exile in China, the Khmer Rouge and non-communist leader Son Sann to create the Triparty Coalition Government. Vietnam helps establish a new government led by Heng Samrin

1990: Vietnamese troops withdraw from Cambodia
October 23, 1991: Paris peace talks. A peace accord among all Cambodian parties is signed. They approve holding a national election under the supervision of the United Nations Transitional Authority in Cambodia. The Khmer Rouge boycott the polls and won't demobilize their forces.

May 23-28, 1993: The U.N.-supervised elections are held. The part of one of the king's sons, Ranariddh, wins but the Cambodian People Party sought an equal share of power. Hun Sen of the CPP and Ranariddh are appointed co-prime minister. Khmer Rouge soldiers continue to wage guerrilla war.

1996: King Norodom Sihanouk pardons top cadre Ieng Sary's genocide sentence from the 1979 genocide tribunal

1997: Khmer Rouge try Pol Pot for crimes allegedly committed within the regime after 1979. Cambodia asks the U.N. to help create a court to prosecute the surviving top leaders of the Khmer Rouge
1998: Pol Pot dies. Civil war ends in Cambodia
1999: Considered the end of the Khmer Rouge
2001: Cambodia's National Assembly passes a law to create a court to try serious crimes committed during the Khmer Rouge regime

2003: Agreement reached with the U.N. on how the international community would help and participate in the Extraordinary Chambers in the Courts of Cambodia. The pact was amended in 2004
June 2007: Court becomes fully operational
Nov 20, 2007: Pre-trial chamber opens its first public hearing on an appeal by Duch, Khmer Rouge head of the S-21 prison where some 14,000 people died, against his detention
July 26, 2010: Verdict in Duch case expected

 

 

キヨ子帰国のお知らせ。中間報告。

みなさま、大変遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。

 

キヨ子日本に帰ってきた!

セーターとヒートテックだけでは寒かった日本。

何しろ冬服を持ってきていなかった・・・

凍えながらダブルツリーの家に向かい一泊、凍えながら田舎に帰り今に至る。

 

そしてキヨ子気づいた。

気づいてしまった。

 

自分が何している時が一番幸せなのか考えに考え考え続けた半年間。

 

将来その自分が一番幸せを感じることで何かしてみたいと考え続けた半年間。

 

 

でも、

 

窓から雪が降る景色を眺め、暖かい家の中で、ネコとこたつに入り、アイスを食べている時が一番幸せだ。

 

と、気づいてしまった・・・

 

 

これからどうしようか。

どうすればこたつの中でぬくぬくアイスを食べていられる生活ができるのか考えている。

 

これから半年間カンボジアで新しい仕事を始めるキヨ子。

(戻りたくない・・・)

 

 

そして最近このブログをどう使っていこうか悩んでいる・・・

 

むむむむむ・・・

これから就活の人が周りにいるので、誰かのためになったらいいなと(98%自分のため)CNNとかBBCの和訳をするのもありかなと思ったり。

 

 

ということでこれからニュース和訳配信しつつ、日々のおもしろハプニング投稿していこうと思う。

 

 

ちなみに、報告。

東南アジアン(マッチョ)の平均 14cm-15cm(日本人と同じ)。直径太め。

※調査人数が少なすぎるため、あくまで個人的見解。

結果東南アジアンはなしだな。

 

とりあえず性病にだけはなりたくないので、気をつけてカンボジア生活を送ろうと思う。

大事なものって愛だけじゃないと思うよ。

外国人がときどき言う、付き合う前に1回寝とくというのは

すごく理にかなっていると思う。

 

体の相性が悪くても愛があれば何とかならないと思うのだ。

 

 

というのも先日、キヨ子は例のラブレターベトナム人とデートをした。

 

 

もちろんベトナムに住んでいるのだから一回だけ試しに・・・

と思ったところ、大変良くなかった。

 

ガタイがものすごくよくても、キスは痛いし小さいし柔らかいし...etc...

何なんだまったく。

 

たぶん私に東南アジア人は向いていない。

 

 

よく日本人女性は言う。(まれに男性も)

 

「人は体の相性だけではない」と。

「自分の体を大切にしろ」と。

 

だが良く考えてもらいたい。

 

 

変な相手を選ぶと一生我慢して生きていかなければいけないのだ。

 

おそらく想像以上の精神的苦痛を強いられるだろうとキヨ子は考える。

 

 

だからこそそれを避けるため、日本にカジュアルセックス文化が

浸透すればいいと結構本気で思っていた今日この頃。

 

 

キヨ子ログがだんだん私の価値を下げるだけのブログに

なってきたところでしばらく夜の話から離れようと思う。

 

おじさんから学ぶ恋愛学。

題名の通り。

 

私の職場のベトナム人スタッフが、近所で働いている日本人のおじさんに恋愛相談をしていた。

(私ではない。)

 

その時の言葉が心に響いた。

 

 

 

このベトナム人の女の子、歳は23歳だが、なかなか精神年齢が低い。

たぶん中学生くらい。

 

その子が最近好きな人ができたんだそう。

 

ちなみにおじさんの方はバツイチで50歳。

(なかなか大変な経験してきたんだろうな〜って感じ)

 

 

「彼女は恋愛している自分が可愛いだけ。

 

好きな人に告白もしてないのに、なんで好きになってくれないの?

と、いつも言っている。

それじゃあダメでしょ。

相手がどう思っているか、自分がどうなりたいか考えなきゃ。

 

恋愛は相手ありき。

キャッチボールなんだよ。」

 

 

キヨ子の心にもグサグサと何かが刺さった。

 

当たり前のこと、すごくすごく当たり前のことなのだ。

恋愛だけでなく人とコミュニケーションをとるときも

いつも大切にしなければいけないことである。

 

誰もが知っていることだが、見失いがちなことなのかもしれない・・・

 

大切にしよう。

 

 

 

そして、私がしていることは恋愛ではなく、huntingなのかもしれないと気づいた。

 

 

 

 

I hunted Vietnamese sent me letter.

(心ね。体じゃないよ。)

 

 

パキスタン×日本♂ 続編

ベトナムホーチミンに帰ってきた。

 

嫌だった。

帰りたくなかった。

 

できればずっとプノンペンにいたかった。

 

 

キヨ子、パキスタン×日本♂と寝た。

一週間部屋に通いつめても何も起こらず、私を自信喪失させた「やつ」とついに寝た。

 

たぶんおそらくめいびーすごく体の相性が良かった。

 

 

ブラックからの日本人でやっぱり日本人は無しだなと思っていたところにこいつだ。

(間に日本人挟んだ)

 

ハーフ!!!!!

そう、日本人の価値観、言葉、習慣もわかる。

だからといって日本人ではない体型、体臭、顔。

そう、ハーフだ!

 

やつ自体に興味なかったが、ただパキスタンという血に惹かれ、一晩を共にしたことでかなり興味が出た。

 

パキ×日本♂が好きだ。

3回くらい寝たところでやっと気づいた。

 

寝ると好きになってしまう病。

私だけではないみたい・・・(下記:参考文献)

soshokubokumetsu.com

 

 

だが、正直なところ夜以外でパキ日の好きなところが今ひとつわからない。

私はパキ日のことが好きなのか。

ただパキ日と過ごす夜が好きなのか。

 

こんなことを考えながらも気づけばベトナムに帰る前夜。

一緒に寝ようと約束したにも関わらず、寝てくれなかった。

 

なぜか悔しさと悲しさがこみ上げてくる。

 

 

出発当日、パキ日を誰にも取られたくなくて告白した。

付き合ってほしいということ。

私がベトナムに戻る間、誰とも寝ないでほしい、キスもしないでほしいと。

 

答えは、「今は余裕ないし付き合えない。し、誰ともしないでしょ。

 

ガーーーーーーーーーーン

 

普通に傷ついた。

ましてや最初、パキ日の体に興味があっただけなのに、そしてなぜかその体に惚れ込んでしまい、パキ日そのものを好きなのかもしれないと思った矢先・・・

 

誰ともしないという言葉に安堵感を覚えつつも、キヨ子は心に傷を負ったのだった。

 

ただ、そこまで深い傷ではない気がするのは、パキ日が誰とも寝ないと言ったからだろうか。

私が好きだと思ったのは恋ではなくただの独占欲か?

 

わからない・・・

 

 

しかし、ベトナムに帰ってきてわかった。

 

ラブレターをくれたベトナム人。

ラブレターベトナム人と再会したときハグされ、

「Anh yêu em(愛している)」

と言われた・・・

 

カンボジアに行く前、確かに私はラブレターベトナム人が好きだった。

だが、なぜか今はそう言ってほしくない。

私は何も返せないし何もできない。

 

気づいてしまった。

私はちゃんとパキ日が好きなんだと。