読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国際結婚夢みるキヨ子物語

私の名はキヨ子。夢はゴリゴリゴリマッチョ且つ秀才との国際結婚。マンガみたいなハプニングが度々起こるスリリング且つ愉快な大冒険をノンフィクションでお届けしたい。

キヨ子〜。プノンペーン。パキスターン。(この前の手紙翻訳)

カンボジアに来てそろそろ2週間が経とうとしている。

 

ベトナムホーチミンからカンボジアプノンペンに来る道中、なんだこの不毛地帯感は・・・?

とか思ってから早2週間。

そんなカンボジアにも慣れてきました今日この頃。

相変わらず夜は怖すぎるので外出していない。

 

6時には起きて23時には帰宅するという健全な生活を送っている。

 

そんなカンボジア生活だが、仕事以外は基本1人の日本人♂と1人のパキスタン×日本のハーフ♂と共に過ごしている。

 

キヨ子ブログを非公開にした理由はこいつだ。

パソコンの速度調査をするとき、なぜか私の名前を検索された。

twitterからキヨ子に飛べるのでもちろんバレる・・・

見られる前に止めたが、危なかった。

 

後者のパキスタン×日本♂についての記事を書くつもりなのでカンボジアにいる間はキヨ子非公開にしたいと思う。

 

 

 

ということでこのパキスタンハーフ。

顔はがっつり中東系の顔している。

初めまして。パキスタン

中身はがっつり日本人なので、そこがまたおもしろい。

個人的に結構好きである。

 

中東系は未知なのでここにいる間に開拓したいのだが、少し色気が欠ける。というかなんというか・・・おもしろい且つどちらかというとかわいい。

とりあえず曲者である。

 

まあ、気が向くままに過ごしていこうと思う。

 

もう一人の日本人は見た目は爽やか。できる男。

みたいな感じなのだが、キヨ子のタイプではない。エロさに欠ける。

 

(人としては大好きだがキヨ子の恋愛対象には入らないな〜)

 

 

まあ、そんなこんなで毎日楽しく過ごしている。

 

もうこっちが楽しいので少しホーチミンに帰りたくない・・・

 

 

リクエストがあったので・・・

 

〜この前の手紙翻訳〜

僕は怒っていたわけではないよ。(喧嘩していた)

だからこれからいっしょにがんばっていこう。

一ヶ月後に会うとき僕の成長した姿を見てほしい。

愛してるって言ってほしかったら君だけに言ってあげる。

次に会うとき二人だけでどこかへ行こうか。

 

直訳するとすごくくさいな。笑

ベトナム人にラブレターをもらった

ご無沙汰キヨ子です。

 

今キヨ子はカンボジアにいる。

 

ビザ更新のために一度ベトナムを出る必要があり、本当は4日間カンボジアに行くつもりだったのが急遽1ヶ月の出張となった。

 

昨日着いたばかりなんだが、来て早々バーに連れて行かれた。

そこで出会ったカンボジア人のマッチョのバーテンダーに惚れそう。

 

なかなかワクワクドキドキなカンボジア生活。

というお知らせ。

 

 

 

ここ1ヶ月の話。

キヨ子好きな人ができた。

同じ職場のベトナム人。

マッチョ。

 

好きになった理由は毎日"Anh yêu em"(愛してる) と言われたから。

(それだけじゃないけどね笑)

 

キヨ子、単純すぎて将来結婚詐欺に合わないか心配。

 

そんな奴とカンボジアに来る5日前くらいに喧嘩をした。

喧嘩というかなんというか、まあ喧嘩をした。

 

1ヶ月カンボジアに行くことが来る2日前にいきなり決まったので、何も言わずに出発しようと思っていたが、出発前日に手紙をもらった。

 

いわゆるラブレター。

 

ゴリゴリのくせにかわいいのでさらに惚れた。

f:id:kiyokoooo:20161031040147j:plain

 

まだ返事はしていない。

だが、彼が日本語か英語を勉強しないのであればこっちにいる間だけの関係かな。

 

とか言いながらキヨ子はベトナム語を猛勉強している・・・

 

だって好きな人からこんなものをもらうのなんて普通に嬉しいではないか。

 

カンボジアにいる間は昨日出会ったマッチョと遊びに行きたいな〜)

 

 

まあ楽しい毎日を送っている。

Chúc ngủ ngon!

ひとりごと。

今日はとてつもなく1人になりたくて、

とてつもなく誰とも関わりたくない1日だった。

 

 

半日、どうやったら人と争わず、

どうやったら人に嫌われず、

どうやったらうまくやっていけるかを考え続け、

なぜ人は一人では生きていけないのか、

なぜ人は人と関わって生きていかなければいけないのか、

 

なぜ数ある生き物の中で自分は人間に生まれ、

何のために生きているのか、

なぜ今ここにいるのか、

 

ひたすら考えた。

 

 

ずっと考えていたが

もちろん答えは見つからない・・・

 

 

 

答えは見つかるわけがないんだが、

 

誰かが教えてくれたら楽なのに。

 

 

 

教えてもらったらそれはそれでつまらないだろうが・・・

 

 

 

(泣いたって、何かがどうなるわけではないんだよ〜)

 

とりあえずがんばる時期なのだと思う。

 

とか思った1日だった。

 

 

 

終わり。

 

 

 

 

 

 

 

 

レズビアン Lesbian sự đồng tình luyến ái

最近特に問題もなく絶好調だったのだが・・・

 

今風邪をこじらせて瀕死の魚のような状態になっている。

 

風邪+腹痛。

 

 

 

だがみんな大変優しい。

 

果物やらご飯をいっぱいくれた。

 

果物を食べさせてくれたĐiu Điuに惚れそう。

 

Điu Điuとはベトナムの方言でお尻がでかいという意。

私たちは彼をよくĐiu Điuと呼んでいる。

 

彼は中国とベトナムのハーフ。中国語を話せるらしい。

そしてスポーツをやっているらしく、かなりムキムキ。

ベトナム人には珍しくお腹が出ていない。

 

Điu Điuについてはまた今度お話しよう。

 

 

 

今日はレズビアンについて真面目に話そうと思う。

 

 

最近キヨ子は人生で初めてのレズビアンの友達ができた。

 

 

オープンにしているゲイはよく見かけるが、オープンにしているレズはそう多くない気がする。

 

正直、キヨ子はレズビアンは無理だ。

 

なぜか無理だったのだ。

 

というか変な偏見を持っていた。

 

 

だが実際、レズビアンも普通の人間なのかもしれない。

 

というか普通の人間だった。

 

彼女(彼?)はレズビアンであることをオープンにしているが誰もが平等に接している。

 

驚いた。

 

 

東南アジアはそういった人が多いから当たり前なのかもしれないと思ったが、前の会社をレズという理由だけで退職させられたらしい。

 

だから当たり前というわけではないらしい。

 

 

そしてレズやゲイは最初から自覚しているわけでもないという。

 

昔は異性が好きだった。

 

だがいつからか同性へ惹かれるようになり、自分の中で葛藤を始める。

 

 

認めてしまえば楽になるのに、なかなか認めるのは怖いらしい。

 

周りからどう思われるのか。

それまでの周りとの関係が崩れてしまうのではないか。

 

だから彼らもいろいろ悩んだ末にレズだと公言しているのだなと、初めて友達ができて知った。

 

高校時代、私の女友達に告白したらしいあの子は辛かったんだろうなと今更ながら思う。

 

 

もしも次に性同一性障害の人に会うときは同じように接することができるだろう。

 

ただキヨ子は女には興味がないので迫られたらもちろん拒否する。

別に偏見ではない。

 

 

とにかく、ここに来て性同一性障害の人に対する見方がかなり変わった。

これから生きていく中できっと多くのゲイやレズビアンバイセクシャルと出会うだろう。

 

その前にここで彼らに対する偏見を捨てることができてよかったと思う。

 

 

ここにいる間にゲイの友達も作りたい・・・

 

 

 

そして、最近ブログがおもしろくないとの不評をもらったので少し考えようか。

 

 

少々お待ちを・・・

 

(前以上に変なこと書いたら日本帰りづらくなるな〜笑)

 

 

今までで一番おトクな情報を教えてあげよう。

アボカドチョコレートというとてつもなく美味しい飲み物にハマっているキヨ子である。

 

二日に一回は飲んでいる。

 

これが大変美味しい。

値段は55,000VND(270円)くらいでとてつもない量のアボカドが入っている。

確か650mlくらい。

 

 

作り方はおそらくこうだ。

 

1. まずアボカドをミキサーにかける。

2. そこに氷を投入 → ミキサーにかける。

3. そしてカップにチョコレートソースを入れる。

4. 3のアボカド+氷をカップに入れる。

5. 4の上からさらにチョコレートソースをかける。

 

出来上がり。

(写真撮っておけばよかった)

 

ちなみにアボカドコーヒーというものもあるので甘いものが嫌いな人にはこれがおすすめ。

 

この世で一番美味しい飲み物だと思う。

 

 

 

 

そしてここからが本題。

 

今日は私がベトナムで発見した大変びっくり仰天したことをお知らせしよう。

 

Hulu, dTV, Netflixを今現在利用している人には大変申し訳ない・・・

 

かもしれない・・・

 

 

前にも言ったかもしれないが、ベトナムには著作権?がない?

いやさすがに著作権はあるかもしれないが、

 

 

音楽や映画のダウンロードが全て無料でできるのだ。

しかもそれが合法なのだ。

 

 

そう。そしてそれを知ったキヨ子も無料で映画見放題なのだ。

 

 

そう、映画は無料で見ることが可能なのだ。

 

 

どういうことかお分かりだろうか。

 

 

 

これ以上はもしかしたら言ってはいけないかもしれないので黙っておく。

 

よければみなさんお試しあれ。

 

 

ちなみに邦画があるかは知らない。

 

 

 

 

そして今キヨ子は「魔法にかけられて」にハマっている。

 

こういうのを見ると心が洗われる気がする。

 

 

というわけでしばらく心を洗い続けたかったので、この前のトルコ人とのデートをキャンセルしたわけだ。

 

すると・・・

 

 

カモンプリーズの嵐。

 

f:id:kiyokoooo:20160913013549p:plain

 

申し訳ないが大変面倒くさい。

 

次にもしどこかであったら拉致され、臓器売買でもされるのではないかという不安を抱えながら生活することとなった。

 

 

そう、ベトナムでは臓器売買が闇の世界でされているらしい。

 

恐ろしい。

 

 

寝よう。

 

 

みなさんくれぐれも気をつけて。

 

 

1ヶ月。愚痴らせてください。

今日でベトナムに来て早1ヶ月。

 

 

いろいろ思うこともある。

 

 

ここに居続けたいとも思わないが

 

特に日本に帰りたいとも思わない・・・

 

 

と思っていたのだが

 

 

最近嫌気が差してきつつある。

 

理由はベトナム人の適当さ。

 

特に男。

 

 

今この時間が楽しければいい。みたいな。

 

他人のことを全く考えない主義らしい。

 

 

自分に何か害があるわけではないのだが、

 

なぜか私が無駄に疲れる。

 

 

 

 

こんな時に限って事件が起きる。

 

 

そう、この事件に名前をつけるなら

 

「でかいbaby(♂)に恋するベトナム在住日本人(♀)からの嫉妬」

 

 

簡潔に言うと妬まれたのだ。

 

キヨ子、いつか誰かに呪い殺されるのではないかとか考えてしまう。

 

 

詳しく説明すると、ベトナム在住日本人がベトナム人(♂)のフェイスブックを勝手に見たそうだ。

 

人の携帯を見るというのがキヨ子には疑問なのだが。

 

 

それで私と奴の会話を見たらしい。

 

何がいけなかったのかは分からない。

 

客観的に見ても普通の会話。

 

 

だがしかし彼女はピンクフィルターに覆われている。

 

それもかなり重度だ。

 

 

とりあえず会話の流れを一通り説明しろとの要求。at 3:00am

 

朝起きていきなりこの連絡が来ているのだ。

 

面倒臭いの極み。

 

朝起きるのが最近だるいのに更なるダブルパンチ。

 

 

もちろん答えた。

 

既読無視。

 

 

 

要求に答えたのに返事がない・・・

 

(なぜだーーーーー!)

 

 

放っておくことに。

 

 

 

二日後。

 

 

 

返事が来た。

 

 

ごめんなさいとの返事。

 

なぜか謝られた。

 

(なぜ勝手に怒って勝手に謝る)

 

たぶんこれからも私と関わらなくてはいけないから

良好な関係を気づいておきたいのであろう。

 

(いやだ。)

 

 

 

まあとりあえず精神年齢15歳くらいのベトナム人が彼女は大好きらしい。

 

誰に恋しようが奴の勝手だが、巻き込まないでほしい。

 

キヨ子はこれでも忙しいのだ。

 

 

 

 

 

そして昨日、ダブルツリーが夢に出てきた。

 

二人でどこかに旅行行く準備をしていた。(楽しかったな。)

 

 

日本に帰りたいとは相変わらず思わないが、みんなに会いたくなった。

 

かれん様とまつも早くベトナムに来てくれないかな。

 

 

 

 

 

そんなキヨ子はTurkishとディナーに行くのであった。

 

初めましてTurkish。トルコ人に初めて出会ったかもしれない。

 

気づいてしまった

キヨ子、気づいてしまった。

 

自分、ムキムキに興味ないということに。

 

 

そう、昨日この前言っていたムキムキと遊びに行った。

 

 

たぶんおそらくキヨ子が出会った人の中で一番余分なものがない筋肉、且つ一番綺麗な6パック。

 

筋肉を鍛えることだけに今まで10年間?(忘れた)力を注いできたのであろう。

 

 

それを批判しているわけではない。

 

 

ええ、全くもって批判はしていない。

 

むしろキヨ子はそんなことできないので素晴らしいと思うが、

 

 

一つだけ大きな問題がある。

 

 

 

頭が弱い。

 

 

奴はあまり英語を話せない。

 

自分より英語を話せない…

 

この前の意味わからない英語はGoogle translaterをそのまま使っていたかららしい。

 

そのまま使ったら変な英語なるに決まっているではないか。

 

 

俗に言う筋肉バカというやつ…

 

 

 

 

TV のactorもやっている。

 

と自慢されたとき(このときまだ序盤)

 

 

(キヨ子、自分大好きな人が若干苦手。)

 

 

もうその瞬間から帰りたいと思ってしまった。

 

 

賢さに筋肉は勝らないのだと思った。

 

 

 

そう。

 

キヨ子が本当に欲しているものは賢さだった。

 

賢さというか、今は英語、ベトナム語、パソコンができる人に憧れる。

 

 

 

とりあえず筋肉ではなかったのだ。

 

 

 

たぶんメガネでパソコンガリガリ&マルチリンガル と 筋肉だったら間違いなく前者を選ぶだろう。

 

 

おそらく自分にないもの、自分が欲しいものを持っている人に惹かれるのだと悟った。